浮遊する無名作家の浅慮

タリーズには、メニューにはないT'sアイス『CUPシングル』があった。

タリーズには、メニューにはないT'sアイス『CUPシングル』があった。
タリーズ公式サイト(https://www.tullys.co.jp/)から引用させて頂きました。

とある日の休日、ふと嫁様がこう言ったのです。


「アイスを食べよう!」


やはりですね、たこ焼きと言えば銀だこであるかのように。うどんと言えば丸亀製麺、牛丼と言えば吉野家、アイスと言えばサーティーワン。こうではないか。などと、私は考えていたのですが。

ふと、いつかの日に嫁様が言っていた言葉を思い出したのですよ。

「そういえば、前にタリーズに行った時、アイスが食べたいって言ってなかったっけ?」

ふと思い出しました。タリーズこと、Tully's coffeeにもですね、アイスがあったのです。

喫茶店でアイスを食べる事など、私としては初経験だったものですから。

やはり、このような選択肢もアリなのではないでしょうか。私もですね、たまにはサーティーワンとハーゲンダッツ様から離れる日があっても良いのではないか。

いえ、そんなにアイスばかり食べている訳では無いのですが。

昨今は4月としては記録的な高気温でして、半袖でも外を出歩ける位の暖かさなのです。やはり、このような時にこそアイスを食べるべきなのでしょうよと。

そんな訳でタリーズへと向かった所、これは驚くべき事実が明らかになりまして。





突撃! アイスを食べに喫茶店!

しかし、アイスと言えばラムレーズンの私なのですが。タリーズには確か、ラムレーズンが無かったような気がいたします。これは大丈夫なのでしょうか。

三度の飯よりラムレーズン、そんなに洋酒に漬け込まれたアントシアニン的果物が食べたいのかと言われてしまいそうではありますが。そうではないのです、私はむしろポリフェノール派なのではないかと。

この所ですね、昔好きだったマスクメロンやキャラメル味は影を潜めておりまして、今ではすっかりラムレーズン党。良いですよね、あのレーズンの甘さに、ふわりと尖った華やかなラムの香り。

例えるならば……そう、夜の桜木町、ランドマークタワーで、おしゃれなゴリラがディナーを召し上がっている時のような。芳醇で濃厚な味が楽しめると。

しかし、そこにラムレーズンはないと。これはもはや、ゴリラもネクタイを引きちぎる勢いです。

……まあいいでしょう。

そんなこんなでタリーズへと向かった我々ではありますが。

タリーズへと到着すると、私お目当ての期間限定あずきアイスが終了しており。代わりに、ブルーベリーチーズケーキっぽいアイスが追加されておりました。

私のあずきが……!

どうしてですか、タリーズさん。ほら、期間限定って言いつつ、ずっと残ってる期間限定アイスもあるじゃないですか。一年以上やってる閉店セール的な。

そう思ってふと見たら、いつのまにか閉店していた、的な気分ですよ今。

仕方ない、これはラムレーズンではなく、あずきでもない何かを頼むしかありません。

悩んだ結果、チョコレートとマカダミアナッツのアイスを選びました。

嫁様はその、ブルーベリーレアチーズ的な何かを頼みました。

すると、メニューにはこのようなラインナップしか書いてないではありませんか。

T'sアイス価格表
タリーズ公式サイト(https://www.tullys.co.jp/)から引用させて頂きました。

コーンはですね、ふとすると落としてしまう可能性がありますので、やはりカップアイスが良いなと思いまして。しかし、カップのアイスはダブルからしか無い、とのことで。

そ、そうなのか……。でも、今の私にダブルは少し重い……。

「あの……これ、カップのシングルって無いんですか?」

ダメ元でそのように聞いてみた所。

「あ、ありますよー」

あるんかい!



気になる、『CUPシングル』のお値段は。

そこでですね、気になる『CUPシングル』のお値段を問い掛けてみました。

「130円になります」


1 3 0 円


ちょっと聞きましたか、奥さん。130円ですってよ。サーティーワンアイスクリームのレギュラーが380円タイにも関わらず、その半分以下のお値段で提供して頂けると。

これはなんという、良心的価格でしょうか。良いんですか、こんな値段でアイスを食べてしまっても。うまい棒13本分のお金で買えちゃうんですか。それってガリガリ君で言うと2本とちょっとですか。

やはりですね、これは正解でしたね。アイスを食べたいと言うのであれば、もはやこれからはタリーズコーヒーであると、喫茶店にアイスを食べに行くという選択肢は、あながち間違いではなかった。

そのように考えながらもですね、私はチョコレートとマカダミアナッツのアイスを頼んだのでございます。

その写真がこちら。

チョコレートとマカダミアナッツのアイス。

まるで北風と太陽が見目麗しい鮮やかなダンスホールでサンバを踊っているかのようです。

そのように、シャイニーなエレガントさが見た目からも伝わるという事が、グレイトにお分かり頂けるのではないか。

一口、食べてみる事にいたしました。

やはりこれはですね、ナッツぎっしりであると。確かな満足であると。スニッカーズも驚いて、手を取り合うレベルであると。

今こそ、ポリンキーの三角形の秘密に迫る時ではないでしょうか。

この味で130円ですと……なんという事でしょう。500mlペットボトル一本分の価格すら凌駕すると言うのです。このリーズナブル感とお得感。まるでポケットモンスターで言う所の『サイコソーダ』。ドラクエで言う所の『アモールの水』。いや、別にそっちは薬草で良くないですか。

私はですね、確信しましたよね。次からはアイスを食べたい時は、ここに来るべきだと。








という事で、改めて読み返してみると非常に馬鹿っぽい記事になってしまいましたが。

実際の所ですね、CUPシングルで130円、しかもコーヒーと一緒に注文できて座る席もあるというのは、これはかなり良いのではないかと思うのですよ。

ちょっとしたコーヒーブレイク、仕事でお疲れのふとした息抜きなどに丁度いいのではないでしょうか。

などと思いながら、やはり私は喫茶店を出た後で、あずきのアイスが食べたくなりました。どこかに売っていないものでしょうか。

あ、井村屋のあずきバーがいいですね。

お後がよろしいようで。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿