浮遊する無名作家の浅慮

『少年向けラブコメディ』って作るの難しくないですか?

『少年向けラブコメディ』って作るの難しくないですか?


私は今、最高に悩んでいる!

……と言うのも、ひょんなことから「ラブコメを書かなくては……!!」となったので、所謂『少年向けラブコメディ』なるもののプロットを考えているのですが。

これは、かなり難しくないか……?

と、今更悩んでいるような状態です。

コメディじゃない恋愛ものは過去にも何本か書いたことがあって、その中で積まれていった知識や経験もあるのですが、ラブコメディはずっと敬遠して、考えるのを止めてしまっていました。

その原因というのは、落とし所がないから。

……何のことやら分からない人も多いと思いますので、ここいらで『少年向けラブコメディ』について、ちょっぴり語っていきたいなと思います。



 少年向けラブコメディとは

さて、代表的だなあ、と思うのはもう結構昔の作品になってしまいますが、やっぱり『ああっ女神さまっ』が個人的には印象深いですね。連載期間長いし……。

ああっ女神さまっ(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 58,520


これは、青年の所にある日女神が押し掛けて……という、押しかけ女房的なポジションの漫画。

今となっては、もう何番煎じだという位に数があるものですが、元祖はやっぱりこれなのではないか。違ったらごめんなさい。
私自身は少年向けラブコメ自体、そんなにブームが来たことがないので……その手の作品に詳しい方よりは、知識も技術も、幾段劣ってしまいます。
少女向けラブコメはずっと読んで来ましたが。やっぱり恋愛ものは女性向けの方が面白いと思う。

最近では、ジャンプで『ニセコイ』が流行ったり、その関係で千葉県のYさんが一躍有名人になったりと、色々ありましたね。後者は全然関係ないね。ごめんね。

そこで、少年向けラブコメディの共通項を抜き出してみました。

  • 主人公は器用で卒なくこなすタイプか、逆に地味で目立たないタイプのほぼ完全二択
  • メインヒロインはイケメン主人公の場合には破天荒なタイプ、地味で目立たない場合は大和撫子系が選ばれることが多い
  • 多くの場合、ヒロインが多数登場して主人公を好きになっていくハーレムタイプ
  • メインヒロイン以外のディテールが語られる事は意外なほど少ない
  • 恋愛に阿呆ほど鈍感か、オクテ過ぎて近寄れないため、ラブコメディでも恋愛に発展する事は少ない
  • ……という関係性で、周囲のハプニングに巻き込まれるドタバタ系の話が多い

おお…………ジーザス。
意外と共通項が沢山ありましたね。型にはまらないものも世の中には多数あるんでしょうが、数十本くらい読んでみた結果、王道はこの辺りではないかなと。
と、ここまでは去年ラブコメ漫画を読み漁った結果として得た知識ではあるのですが、これらをまともな話にしようと考えると、どうしても悩んでしまう事があるのです。

それが、メインシナリオどーすんの? って問題。



 ハーレム物は落とし所が難しい。

何しろ主人公に都合が良いように作られているので、色々な性格を持つ全てのヒロインが例外なく主人公を好きにならなければいけない。これはもう、必須事項と言って良いでしょう。
しかし、これをやると本筋の話って、途端に作りづらくなるんですよね。

ドタバタギャグをやるだけなら良いのかもしれませんが、実際にはギャグだけで話を作っていくのは難しいものです。
かといって、本筋を『メインヒロインとゴールイン』というラストに持って行こうとすると、他の要素が邪魔で仕方がない。

だってヒロイン三人くらい居るんですよ。

どうするんですか、これの後始末。

ということで、既存のラブコメディを読み漁った結果、殆どの物語はメインのドラマは無いに等しい状態で、ヒロインが沢山出て来てドタバタやる所がメインになっていました。
なので、エンディングにはあまり感動が無かった。エンディングまで行かないことも。打ち切りっぽいエンドを迎えることも……そうなんでしょうか。コメディなんだから、コレで良いんでしょうか。

だってヒロイン三人くらい居るんですよ。

そりゃあそうなるわ。

しかし、私はコメディとはいえ、作品はドラマが大事だと考える派の人間です。
感動のラストが待っていない恋愛物語なんて………!! 許せない!!

でも、メインヒロインとの恋愛ルートを確定させてしまった段階で、他のヒロインとの交際は断らないといけなくなるんですよ。
ここが、最もコメディにならない瞬間だったりします。
コメディ…………楽しく明るいお話にしたいと思うのなら、このラストに向かっていく段階が暗くなってしまっては、お話が成立しません。
さて、どうしたものか。




 この問題に対する対策。

ということで、これらの解決策については、今絶賛考え中ということではあるのですが。
とりあえず試してみようかなあ、と思っているのは、メインヒロインとのゴールインを目標にしない、という考え方。

ハーレムルートでドラマを作れる要素を何か考える。主人公側の問題とか。
そうすると、物語の地盤が別の所になるので、主人公は主人公でドラマをやりつつ、ヒロインもドタバタする、というような形になるはず。

これで良いのかなあ…………? と思いつつ、それしか思い付いていないのだから、今はこれでやるっきゃない、という所です。


画期的で面白いコメディにする方法、誰か教えてくれませんかね…………


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿