浮遊する無名作家の浅慮

物語構造の構築② テーマを考える意味と物語に与える影響



建築物


さて、体よく物語の駆け出しから一段落までを追うことが出来たところで!
初めて私達が本当に作りたい、オリジナリティに溢れた部分へと手を突っ込んでいきましょう……!!

1.物語のテーマ
2.登場人物
3.世界観

なかなか、どれも骨が折れそうな内容です。
でも、これまでよりは想像力に任せた変化ができそうですね。

 まずはテーマから

これらを決めるに当たり、今までに構築してきたシーン構成はこちらです。どどん!

-------------------------------------------------
○主人公とヒロインが出会う
・学校。クラス替え?
・A君とBさんが出会う。ぎこちない会話?
・関係も曖昧なまま。でも、A君は少しだけ、Bさんの事が気になっていた。

○主人公がヒロインを好きになる
・状況は未定
・Bさんの何かの様子を見て、A君がBさんを好きになる。
・できれば、仲良くなりたい。そのようにA君は思う。

○主人公とヒロインの仲が友達以上恋人未満までに成長する
・状況は未定
・A君はBさんに、何かを話す。
・BさんはA君と話題を共有し、A君に対して好意を抱く。

○最近様子がおかしい……
・A君の通う学校に、Bさんの姿が見えない。気になって携帯電話に連絡してみるも、留守電。
・何かあったのでは? A君は思うが、家の場所は分からない。友人も知らないと言った。
・こうなったら、先生に聞いてみるしかない。

○主人公がヒロインの病気について理解する
・A君はBさんが病院で入院しているという事を、先生に聞く事になる。
・何も知らされていなかったA君は、Bさんの居る病院へと走ることに。
・何も伝えていなかったBさんは、A君が唐突に病院に現れた事で、驚きを隠せなかった。

○告白のシーン
・A君が、Bさんに告白する。
・でも、BさんはA君の告白に答えられない。
・その反応を分かっているA君も、答えられる事はないということを理解していた。
-------------------------------------------------

さて、もうある程度話は進んでいるようにも思えるんですが、これが意外と……
上記3つの要素を決めていくことで、物語が変化していきます。
言わば、今までやってきたことは、骨組みを作るようなもの。
これからやっていくことは、色を付けるようなものかもしれませんね。


 まず、テーマについて。

まず、1のテーマについて。これはジャンル恋愛という事で間違いなさそうですが、テーマというのは何処に隠れているのでしょうか。
どうやら、始めに思い付いたシーンにヒントが隠されていそうな気がします。

○ケース1
A君はBさんに告白するけれど、Bさんはそれを受ける事が出来ない。
2人共、その事実を知っている。だから、この告白は叶わない事もまた、知っている。
……ということは、二人共知っていて告白をするということか?
→ならば、『嘘を付く二人の告白』というテーマを掲げる?

○ケース2
Bさんは不治の病に掛かっていた。それは既にどうしようもないことで、始めから分かっている事だった。
ならばということで、Bさんは余命までの一生を『自分の人生』だと捉えていた。
自分も幸せに、相手も幸せになるためには、まず幸せを与えることだ。
→『幸せの価値観』をテーマに掲げる?

○ケース3
A君は、病気のBさんをどうにかして励まそうとしていた。死にゆくBさんのことが、どうにも悲しく思えてしまった。
生きる理由を与えたかった。だから、まだ楽しい事は沢山あるという意味を込めて、告白をした。
この流れで行くと、Bさんは生還する方向になりそうだ。
→『奇跡の復活』をテーマに掲げる?

どれも、初めに思い描いたシーンに直接変化が現れる訳ではなさそうです……テーマを決める事によって大きく影響があるのは、どちらかと言えば手前と後のシーンであることが多いかなと。
今まで作ってきたシーンを元にして考えたテーマなら、全く違う視点で進んでも問題はありません。
でもそれは難しいので、ひとまず今回は先送りにしましょうか。

世界観と組み合わせて考えても大丈夫です。本当にやりたかった物語のイメージに出来るだけ近づくように、決定していきましょう。




ここでは余計な要素を詰め込むと混乱を来たしそうなので、『ケース1』を取り上げて行きたいと思います。
テーマが程良く決まったところで、これまでの構成に変更を加えて行きます。

そうですね、嘘を付く告白……。なら、登場人物のどちらかはペテン師並に嘘ばっかり付く人間でも良いかもしれませんね。
いや、もういっその事、二人共詐欺師という事も有り得るか?
そうすると、どうなる? 例えば、A君は筋金入りの詐欺師で、何人も彼女を作っては別れる人間だったり……とか。
物語の最大の障害は、『嘘を吐く人格』を克服する所に置いてみる、とか?
なんだか、話はがらりと姿を変えそうですね。

なんだかいきなり変えすぎじゃないかって? 大丈夫です、意外とまとまっていくので!
ああ、でも面白くなること、という事が大前提としてあるので、そこは意識して追加していきましょうね!


← 一つ前の記事
物語構造の構築① えっ、テーマ、登場人物、世界観は全部後から作ってもいいの?

→ 次の記事
物語構造の構築③ 登場人物を考える意味と物語に与える影響


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿